古代ヨーロッパで広く用いられたミステリアスな魅力をもつルーン文字

古代ヨーロッパで広く用いられたミステリアスな魅力をもつルーン文字

中世よりはるか前、古代ヨーロッパで使われてきた、神秘的なイメージがあるルーン文字。

占いが好きな方は、一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、ルーン文字を用いて占うルーン占いというものが現代においても存在します。

ここでは、ルーン文字とはどういったものなのか、ルーン文字の歴史や、ルーン文字の意味について解説していきます。

ルーン文字とは?ルーン文字の基礎知識

ルーン文字とは?ルーン文字の基礎知識

ルーン文字は古代ヨーロッパで現代のアルファベットのように日常的に使われており、さまざまな儀式などにも用いられました。

ルーン文字は直線が多く使われているのが特徴で、これは石や木などに刻み込みやすいためだといわれています。

そして、木目と間違わないよう横線は使われず、縦と斜めの線のみで構成されています。

ルーン文字は全部で25個存在し、それぞれ意味や色と関係性が深く、ルーン占いにも用いられます。

ルーン文字の歴史

ルーン文字は現代においても謎に包まれていることが多く、未だ解明に至っていません。このようにミステリアスなイメージがあるルーン文字は、占いを好む人にとって人気の理由なのかもしれません。

ルーン文字は紀元後100~200年ごろにはじまり、中世後期まで用いられていました。そしてルーン文字は、多くの地域でルーン文字の碑文が見つかっていることから、ヨーロッパ大陸のかなり広範囲の地域で使われていたとされています。

ルーン文字の意味とは?

ルーン文字は、それぞれ一字ずつ固有の意味があります。これは日本で使われる漢字をイメージすると理解しやすいかもしれません。

例えば、「フェオ」というルーン文字は家畜を意味するのですが、そこから転じて富や財産といった広い意味での豊かさを指すようになりました。

ルーン文字とその意味について、いくつか紹介します。

「ウル」は、もともと野牛を指す文字ですが、運命や試練、逆境などの意味を持ちます。

「ソーン」は、イバラを指す文字ですが、慎重さという意味を持ちます。

「ケン」は、たいまつを指す文字ですが、知ることや現れること、照らすことという意味を持ちます。

このように、それぞれのルーン文字には意味があり、その文字から解釈し意味を読み解くことができます。

まとめ

まとめ

ルーン文字は、歴史が古くヨーロッパのかなり広い地域で使われていました。一方で、ルーン文字は未だ謎が解明しておらず、ミステリアスな一面もあります。占いが好きな方は是非、ルーン文字について理解を深めてみてくださいね。